昔から腹を触られるのが軽く

このところ腹の度合いが悪かったので、お灸をしてもらいました。

腹の度合いを診るために?指でポンポン叩かれるのですが、もうその段階で腹がくすぐったい。
昔から腹を触られるのが軽くて、くすぐったくて耐えられないんです。

小さい頃に感冒を引いて、咳がとまらないときにTVのアピールなどでやる、スースーする軟膏を奥さんがぬってくれようとしたのですが
触られるとくすぐったくて「ギャー」とかいって困難だったのを思い出しました。
TVで塗られていらっしゃる女は思い切り安らかになっているのに・・・。あの輩はくすぐったくないのだろうか!
触られるのは無理だけどでも咳は息苦しいので、めそめそわめきながら咳止めシロップを飲んでいました。

無性にあたいがくすぐったがるので、お灸の先生が「ダイレクトさわらないようにするから」と
素肌からちょこっと浮かせて暖かいパッションを当ててくれました。
でもなんか「腹近辺でなにかされてる」ことを意識してしまうと笑ってしまって、先生からしたら著しいビジョン悪かったと思います・・・。

Leave a Comment